宇多須神社

茅の輪 ( 茅草(かやくさ)で作られた大きな輪 ) は、正月から六月までの半年間の罪穢 ( つみけがれ ) を祓う夏越しの大祓 ( おおはらえ ) に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるといわれています。
くぐり方は 「 水無月の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり 」 という古歌を唱えつつ、左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けます。

コメントを残す